苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)は、鼻水の症状に処方されることが多い漢方です。
国内だと松浦漢方だけが市販していてツムラなどが医療用として販売をしています。

大体暖かい時期に入る4月ごろから風邪気味でも熱や頭痛がなくて、咳や咳が出て喘息気味といった初期の風邪っぽいときの鼻水が出る人におすすめです。

主に喘息や気管支炎、アレルギー性鼻炎(花粉症など)やさらさらタイプの鼻水に咳や痰、鼻づまりに動悸や息切れなどに効果があるとされています。

さらさらタイプではなくてどろっとしたタイプの鼻水のときは、荊芥連翹湯や辛夷清肺湯、葛根湯加川きゅう辛夷などの漢方がよいです。

鼻づまりだと辛夷清肺湯、葛根湯加川きゅう辛夷と言った「辛夷(しんい)」という名前の含まれる漢方薬が効果があるとされています。

暖かくなってきが4月あたりの風邪の初期によく使われていて、花粉症などにも効果があります。
よく鼻炎には「小青竜湯」が処方されますがこちらには麻黄(マオウ)が入っていて、これはエフェドリンと呼ばれるものが主な成分で過剰に服用すると動悸や血圧の上昇、胃の障害などが起きます。

そのため高齢者や妊婦の人などは服用が出来ません。
「苓甘姜味辛夏仁湯」には含まれていないのでこちらの方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です