当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)の紹介(効果とおすすめできる人)

当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)とは漢方のひとつであり、体を温めることによって痛みを和らげると言う効果を持っています。そのため月経痛や下腹部痛、痔や脱肛の痛みに悩んでいると言う人におすすめされており、体を温めることによって痛みを緩和する事ができる症状を持っている人向けの漢方となっています。
また当帰建中湯は服用する事によって血行を改善する事ができるという効果もあるので、貧血状態を改善する事ができるようになっています。この効果が結果的に体を温めることにもつながっており、貧血で悩んでいると言う人や貧血が出るような症状(生理など)が酷い人などに向いています。ほかにもこれらの効果が向いている人としては冷え症で顔色が悪く、体力のあまりない人も挙げられており、虚弱体質であると言う人にも服用がおすすめされています。
ただし注意点として胃腸に対しての効果も強くなっているので、元々胃腸が弱いと言う人や食欲不振・吐き気・嘔吐や下痢を起こしやすいという人の場合は服用する事によって症状が悪化してしまうと言う可能性もあります。そのためこれらの症状があるという人の場合は医師に相談する必要があり、使用する場合は慎重に服用する必要があるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です